四国徳島から、ペット専門店・トリミング店・ドッグカフェ店・ブリーダー様などのペット用品総合卸商社として顧客満足度No.1を目指し、創業50年!

商品の知恵袋

PetSafe バークコントロール デラックス

2012年06月19日火曜日 カテゴリー: ワンちゃん オススメ商品

product imageproduct imageproduct image

本製品は、愛犬のほえ声を的確に探知する技術「パーフェクトバーク」(米国特許取得)を採用した、首輪一体型のしつけ用製品です。

    • ノドの振動と、音声を感知する2種類のセンサーで、周囲の雑音から愛犬の声を識別します。
    • 愛犬がほえると、コンタクトポイントから低周波パルスが流れます。パルスには6段階の強度があり、最初は最も弱いレベルで作動します。30秒以内に愛犬がほえると、自動的に1段階ずつ強度が上がります。パルスが流れているときは、LEDインジケーターが点灯します。
    • 愛犬が30秒以内にほえなければ、パルスの強度が最低レベルにリセットされます。愛犬が 50秒間に15回以上ほえた場合は、安全装置が作動して製品が3分間自動停止します。注意:愛犬と遊ぶ時には、製品を取り外しましょう。遊んでいる最中、愛犬は嬉しくてほえます。装着したまま遊ぶと、楽しいはずの遊びとしつけ用のパルスを関連付けてしまうおそれがあります。
 
PBC18-12637

Q2: イヌにとってほえることは自然なことであり、それを機械で止めるのは良くないことではないでしょうか?
A2: イヌにとって、ほえることは重要なコミュニケーションの手段です。うれしいとき、不安なとき、遊んでほしいとき、ごはんがほしいとき、興奮したとき、イヌ は自然にほえます。本来は、そのような「ほえる原因」を取り除いてあげたり対策することで、ほえないようにすることが理想でしょう。しかし、ほえている原 因がわからない場合もあります。さらに、社会の中で人間とペットが共生していくためには、どうしてもほえてほしくない場所や時間があります。バークコント ロールは、そのような「ルール」を教えてあげること=「しつけ」のお手伝いをする装置です。付けっぱなしにして、ほえることを無理やり止める機械ではありません。
適切なしつけをすることによって、飼い主とペットの関係は向上します。そしてそれは、愛犬自身の幸せにもつながります。

 

Q3:バークコントロールに使用されている低周波静電気パルスは、イヌに有害なのでしょうか?
A3: バークコントロールの低周波静電気パルス方式は、静電気の刺激そのものでむだぼえを止めるわけではありません。人間用の低周波治療器や筋力トレーニング装 置と同様に、低周波パルスによってのどの筋肉を振動させて注意をそらし、むだぼえを中断させるようになっています。
むだぼえが続く場合には自動的に刺激の強度を強くするようになっていますが、最強の設定で刺激の強度が最大になっても電力量は0.0003ジュールと、人 間の腹筋トレーニング機器(0.9ジュール)と比べても数千分の一の電気しか流れません。電流が流れる時間も1/40~1/100秒と非常に短いため、愛 犬に痛みを感じさせたり、傷害を与えることはありません。
すべてのペットセーフ製品は、大切な家族の一員であるペットの安全性を最優先して設計・製造されています。

**瀧本**